保育園情報

博多区【月のうさぎ保育園】保育園説明会の概要

スマイル

来年度の保育園、利用申し込みが始まりました!

そろそろ希望園を絞っていきたいところです。

本日は博多区にあります、

沖学園系列の「月のうさぎ保育園」をご紹介します。

その他の博多区の保育園見学記事はこちらです↓

月のうさぎ保育園基本情報

所在地・☎

福岡市博多区竹下二丁目1-8号/092-433-6680

利用定員・職員数

0歳児・・・3名

1・2歳児・・・各12名

3・4・5歳児・・・各15名

計75名

来年度の募集人数は、

0歳児3名

1歳児9名

2歳児0名

3歳児3名

4・5歳児2~3名

職員 園長、主任保育士1名、

保育士14名、調理師3名

保育時間・休園日

開所時間:午前7時から午後6時まで

保育短時間:午前8時30分から午後4時30分まで

休園日:日・祝、年末年始

 

実費徴収

保育料のほかに、保護者が負担するものとして、

  1. 道具代(粘土、はさみなど):2,100円から18,361円
  2. 制服代:16,860円~17,370円 (3~5歳児)
  3. 体操服代:3700円 (3~5歳児)
  4. 絵本代:毎月430円~460円 (0~2歳児)
  5. 主食費:毎月600円 (3~5歳児)
  6. レンタル布団代:毎月1,000円 (全園児)
  7. アルバム代:毎月600円 (5歳児、4~9月)
  8. 保護者会費:毎月200円(半期ごとに徴収)

 延長保育:1時間あり
1回100~500円/月極5000円

おむつ

家庭で使用しているおむつ、紙でも布でもよいそうです。

紙おむつは園で処理してくださいます。

駐車場

常設の駐車場はないが、イベント時には園庭内を駐車場として利用可。

月のうさぎ保育園の保育内容

縦割り保育

こちらの園ではすべてのクラスが縦割り保育のクラス編成です。

その理由として

  • 年下の子は、年上の子との交流の中で遊び方など多くのことを学びます。
  • 年上の子は、年下の子との交流の中で自信や思いやりの心が高められます。
  • 遊びを仲立ちに、発達年齢に合った友達関係を作りやすい環境です。

 

遊びと暮らしは学びの宝庫

遊びを通して自然に学びを身につけます。

数概念の土台・・・砂場で玩具を数えたり、おやつを均等に配ること

語彙力や想像力・・・ままごとをはじめとした見立て遊び

空間認知力・・・迷路遊びや積み木・ブロック遊び

さくらんぼリズムで体も心も強くなる!

1歳児から5歳児の子供たちが取り組んでいる「さくらんぼリズム」

ピアノに合わせて、「走る」「止まる」「跳ぶ」「転がる」「這う」と様々な全身運動を行うリズム活動です。

これらの動作は生物の進化の過程を表しているとも言われ、子どもの骨や筋肉、関節、神経系の発達を促します。

年中泳げる室内プール

園内には1年を通して泳げる室内プールがあります。

3歳児になると週1回のプールの時間があり(5月から2月)、卒園する頃にはすっかり水とお友達です。

絵本の時間は至福の時間

子どもたちに多くの恵みをもたらす絵本。

園内には2,500冊を超える絵本の蔵書があります。

読み聞かせの時間を大切にしています。

月のうさぎ保育園まとめ

案内してくださった主任先生は、丁寧で落ち着いた対応に好感が持てました。

附設の幼稚園も同じ建物の中にあって、明るい雰囲気でしたよ。

1番驚いたのが、園児のみんなが大きな声で挨拶をしてくれたことです。

一部の園児さんではなく、会う子会う子みんな。すごいですよね!

自然に挨拶ができるのって、やっぱり先生方のご指導のおかげなんでしょうね。

いいなって思ったのが、園児さんが明るくて元気だったこと。

一年中使えるプールがあること。

おむつの取り扱いに関してです。

おむつの使用についてですが、紙でも布でもよいそうで紙の場合は園で処理してくださること。

この使用済み紙おむつの持ち帰りの是非については全国的にも話題になっていますが、

個人的には我が子のものであっても使用済み紙おむつを持ち帰るのは気が進まないです。

お迎えのあと生鮮品を扱うスーパーに寄ることだってあるでしょうし、

体調チェックのためと言っても使用済のものをわざわざ中を開けて確認する親御さんって少ないと思います。

もちろん異常がある場合のうんちチェックは必要だとは思っていますよ。

何カ所か見てまわった中で、

園で処理してくださるのはこちらが初めてかな?(布おむつ園が多かったのもあります。)

園の雰囲気や方針も我が家とあってるように思いました。

 

あと、先生のお話の中で入園申し込みについてご説明があったのですが、

入園の選考についてなるほど!と思ったことをご紹介しますね。

入園の選考は、5カ所希望園を書いて出すことが出来るのですが、

第一希望園の希望者の中から、保育の必要が高い人から決まっていく・・・というのではなくて、

まず保育の必要が高い人を点数で拾っていって、そこからその方の希望園に振り分けていくそうです。

わかりやすく極端に言えば、

点数の低い人の第一希望よりも、点数の高い人の第五希望の方が強いということですね。

なので、第五希望でも行く気がない保育園は書かないでくださいとのことです。

これで辞退する方が毎年一定数いるようですね。

とりあえず書いて辞退するのは他の方にも迷惑がかかります!

希望園をどうするか作戦が大事なのかと思ってましたが、点数制ならもうなるようにしかならないのですね!

ならば本当に行きたい保育園を書かないとですね^^

皆さまもお子さんに合う保育園が見つかりますように☆

保育園
1歳児の保育園入園準備!洋服の必要枚数は?名前書きはどうする?保育園が決まってホッとしているのもつかの間、次は入園準備ですね!この記事は1歳児の保育園入園準備を知りたい!必要な洋服の枚数は?名前書きはどうする?シール?スタンプ?を知りたい方へお届けします。...
ABOUT ME
リベコ
初めまして、リベコです☆ 一歳の娘と暮らす30代の主婦(育休中)です。福岡より育児中の暮らしに役立つ情報をお届けできればと思います。 ツイッターもよろしくお願いします♡