子育て情報

【出産育児一時金】【出産手当金】出産でもらえるお金を押さえよう!

スマイル

出産という一大イベント!子育てってお金がかかるものですが、給付されるお金を知ってもらい忘れのないよう手続きしましょう。

産後は調べたり手続きするのも一苦労なので、一通りの流れをぜひプレ期間に押さえておくとよいですね。

まずは【出産育児一時金】と【出産手当金】について書いていきますね!

出産育児一時金 ※社会保険加入者

出産費用の負担を軽減するために、健康保険から一児につき支給される一時金です。

この給付は妊娠4カ月(妊娠85日)以上で、出産、死産、流産または早産にかかわらず対象になります。

支給額:420000円+35000円(付加給付)

※産科医療補償制度に加入する医療機関等の医学的管理下における妊娠22週以降の出産(死産を含む)の場合。

制度未加入機関での出産の場合は404000円。多児の場合は人数分支給。

~各制度のご案内~

■直接支払制度:

出産育児一時金の支給申請および受取りを、分娩機関が被保険者に代わって行う制度です。

制度の利用は、出産予定の分娩機関にて合意文書を取り交わすだけで済み、健保組合への申請は不要です。

※直接支払制度を利用した場合でも、付加給付(および差額が出た場合はその額)の健保組合への申請は別途必要です。

直接支払制度を利用せず、後日出産育児一時金を申請する場合は、制度を利用しない旨の合意文書が必要になります。

■受取代理制度:

出産育児一時金の受取代理人を出産予定の分娩機関とする申請を、健保組合に事前申請します。

厚生労働省に届け出を行った一部の小規模分娩機関で利用できます。

 

簡単に言うと、分娩にかかる費用を負担してくれるお金で健保組合より支払われますが、直接支払制度と受取代理制度があり、ほとんどの人が直接支払制度を利用されるとのこと。これは健保組合から産院へ直接分娩費用を支払ってくれるというものです。

自分で手続きするの大変ですもんね、やってもらおう!

産院へはこの給付される420,000円を超えた差額を支払う形になります。

リベコは70,000円くらいを産院へ手出ししました~!

 

出産手当金 ※社会保険加入者

被保険者が出産のため休業することによる収入の減少を保証し、休業中の生活を安定させることを目的として、健康保険組合から出産手当金が支給されます。

対象期間:出産予定日以前42日(多胎児の場合は98日)、および出産日の翌日から56日間を限度とした労務に服さなかった日に対して支給されます。

※出産が出産予定日よりも遅れた場合、その遅れた日数分が出産予定日以前42日に加算されます。

支給額:1日につき、直近12カ月の標準報酬月額平均額÷30×2/3相当額

※被保険者期間が12カ月に満たない場合は次の①か②のいずれか低い額

①当該者の支給開始月以前の継続した各月の標準報酬月額平均額

②健康保険組合の前年度9月30日時点における全被保険者標準報酬月額平均額

提出書類:出産手当金請求書

支給方法:健保組合より直接ご自身の口座に振り込まれます。

(支給日はご出産から約3~4か月後になります。)

実際に手続きしてみて

現在育休中の近藤です。直接支払制度を利用し、社会保険の本人として手続きしました。

まずは出産手当金ですが、退院後にバタバタしないように、出産での入院中に医師へ出産手当金の申請書を記入してもらっておきます。この申請書ですが、文書発行料がかかりました!これを母子手帳のコピーとともに会社へ送ります。

出産手当金が振り込まれたのは428000円、出産より4カ月後です。

次に出産育児一時金についてですが、出産した病院は産科医療補償制度に加入する医療機関だったため、自分でやるのは付加給付の手続きのみです。

こちらは加入している健保組合で違ってくると思うので、出産前に確認されるとよいです。

退院後に健保組合より付加給付の申請用紙が送られてきますので、記入後送付します。

付加給付金が振り込まれたのは35000円、出産より2カ月半後です。

リベコ的まとめ

産前からベビー用品をそろえたりお金がかかりますよね。これらの制度をうまく利用して休職中の生活に役立てましょう。

ただ、振り込まれるのは思っているより時間がかかるので早めの書類提出は必須です。

わからないことがあればコメントくださいね!

次は育児休業基本給付金(育休手当)と、福岡市から里帰り出産した場合、検診の補助券の払い戻しについて書いていきます!

ABOUT ME
リベコ
初めまして、リベコです☆ 一歳の娘と暮らす30代のワーママです。福岡より育児中の暮らしに役立つ情報をお届けできればと思います。 ツイッターもよろしくお願いします♡