暮らし

LINE Pay(ラインペイ)と電子マネーの比較!お得で使いやすいのは?

PayPayや楽天Pay、LINE PayなどQRコードサービスが拡大しキャッシュレス化が進むこんにちですが、今のところクレジットカードや電子マネーでキャッシュレス生活してるよ!って方も多いと思います。

  • QRコード決済にするメリットは?
  • 一体どれがお得で使いやすいのか?
  • スイカなどの電子マネーと比べると?

を知りたい!

  • よくわかんないけど、どれか登録してみたい

という方へ向けて書いていきます!

実際にLINE payを使ってみたところ、ポイントも貯まるし電子マネーの代わりに使ってもよさそう!というのが私の結論です。



LINEPayと電子マネーの比較

これまでの私の支払いの方法は、クレジットカードをメインとして、バスや電車、細かい買い物は電子マネーであるSuica〈iPhone端末〉で決済しておりました。

1歳の娘がいて両手がふさがることが多い日常で、極力財布を出す手間を省きたいので、生活費用のクレジットカードをiPhoneケースにはさんで活動しています。

リベコ
リベコ
財布を出す手間がないこの支払方法に概ね満足!

ですが、PayPayをはじめQRコード決済の波が押し寄せ、今後さらにキャッシュレス化が進むであろうと、一度どれかに登録して試してみたくなったのでした!

現在普及しているQRコードサービスとして、

  1. PayPay
  2. 楽天Pay
  3. LINEPay
  4. Origami Pay

がありますが、私の生活スタイルに一番合っていそうなLINEPayを、春の20%還元の期間に試してみることに。

今まで使っていた電子マネーとLINE Payとでは今後どちらの使用頻度が多くなるのか検証してみたいと思います!

QRコード各社ポイント還元率は?

現在、交通系ICなどの電子マネーを使っている方で「QRコード決済サービスを使ってみようかな?」と思う理由って、第一にポイント還元にあると思います。

まずは各社のポイント還元率を見て行きましょう!

種類 ポイント還元率
PayPay 0.5%
楽天Pay 200円につき1楽天スーパーポイント

楽天カードユーザーは100円で1ポイント

LINEPay マイカラーに応じて3.5~5%

2019年8月以降は0.5~2%

Origami Pay なし ※クーポンあり

 

ポイント還元率で見ると、LINEPayが一番高い還元率ですね!

街の人
街の人
このマイカラーってなに?
リベコ
リベコ
毎月の支払金額で還元率が決まるランク付けみたいなやつだよ。
マイカラーは、毎月1日から末日までのご利用実績に応じて4種類のマイカラーに分類され特典が付与されます。
マイカラー 還元率 ご利用金額
グリーン 2%ポイント還元 100,000円以上
ブルー 1%ポイント還元 50,000円以上
レッド 0.8%ポイント還元 10,000円以上
ホワイト 0.5%ポイント還元 0~9,999円
街の人
街の人
どこで確認できるの?
リベコ
リベコ
LINEウォレットのPayメニューから確認できるよ!
LINEウォレット

2019年7月までは「マイカラー」と、コード支払いで+3%上乗せ

リベコ
リベコ
最大5%も還元されるのか・・・!

QRコード決済、使い勝手はどう?

ポイント還元率も重要なのですが、電子マネーに対抗するには使い勝手の良さも重要です。

それぞれ見て行きましょう。

PayPay

〈QRコードの掲示がある場合〉

  1. スマートフォンでお店の
    QRコードを読み取る
  2. 自分でお会計金額を入力する
  3. お店の人が画面を確認して
    お会計が完了

〈お店にバーコードを見せる場合〉

  1. お店の人に
    バーコードを提示
  2. お店の人がバーコードを
    読み取る
  3. お会計が完了

お店にバーコードを見せるだけなら、「ピッ」で済みますが、自分でスマホにお会計金額を入力するのは、電子マネーに慣れていると手間だなっと思います~😂

ですが、

  • マップ機能が搭載されており、利用可能店舗の検索ができる!
  • クレジットカードとの連動で高い還元率となる点

といったメリットは魅力です!

楽天Pay

事前にスマホアプリをダウンロード、カード情報の登録をしておく!

〈コード払い〉

  1. お支払い方法でR Payコード・QR払いを選択
  2. お店でバーコード/QRコードを提示し、読み取ってもらう
  3. お支払い完了!

 

〈QR払い〉

  1. お支払い方法で「QR読み取り」を選択
  2. QRコードを読み込む
  3. 金額を入力※金額が指定されている場合は省略
  4. 確認画面でスライド
  5. お支払い完了!

 

〈セルフ〉

  1. お支払い方法で「セルフ」を選択
  2. 支払うお店を選択
  3. 金額を入力
  4. 確認画面でスライド
  5. お支払い完了

3種類の支払い方法がある楽天Pay、こちらもPayPay同様、スマホへの金額入力がありますね。

端末を読み取って貰うだけのコード払いか、会計まで自分で済ますことのできるセルフ払いなら使いやすそう。

楽天Payは、楽天カードユーザーへのポイントアップがメリット!

LINE Pay

店舗での支払い方法が豊富!

「コード支払い」「オンライン支払い」「請求書支払い」「LINE Payカード」「Android™限定、QUICPay+™(クイックペイ)」と計5種類

今回は店舗でのコード支払いのみピックアップし、他は割愛させていただきます。

〈コード支払い〉

  1. LINEウォレットからPayメニューへ
  2. コード支払い+パスワード入力(指紋認証可)QRコードを提示し、読み取ってもらう
  3. 支払い完了

ですが、LINE Payコードをショートカット作成し、ホーム画面に表示させることでさらに簡単に決済できます!

ショートカット

左下の「ショートカットを作成」ボタンを押すとコードのショートカットが作成されます。

Origami Pay

  • 事前にOrigamiアプリをダウンロード、銀行口座やクレジットカードを登録
  • QRコードのスキャン、もしくはバーコードの提示でお支払いが完了!

こちらはアプリ起動で支払い完了、楽ちんですね!

LINE Payどこで使える?

街中で買い物をすると、あちらこちらで見かけるようになったLINE Payでの支払い可の表示!これからさらに加盟店舗は増えていくと予想されますね!

現時点では、国内外3300万店舗での使用が可能!

ローソンやファミリーマート、ツルハドラッグ、松屋、ビッグカメラなど生活に密着した店舗で多数使えます。

福岡でLINE Payが使えるお店はライン福岡公式ブログでチェック!

LINE Payをどんな風に使っていくかは、おのおのの生活スタイルによると思いますが、今まで電子マネーで支払っていたものをLINE Payに置き換えて使ってみるとイメージしやすいと思います。

LINE Payデメリットは?

デメリットというより注意点です!

LINE Payの金額チャージですが、クレジットカードが使えないんです。クレジットカードと併用のポイント二重取りはできないということになりますね。

チャージ方法は銀行口座、セブン銀行ATM、QRコードチャージなどがありますが、QRコードチャージは対応店舗が少ないので、銀行口座を登録して都度チャージが現実的でしょうか?

LINE Pay(ラインペイ)と電子マネーのお得度・使い勝手の比較!まとめ

電子マネーにはないポイント還元が魅力のQRコードサービス。

同じ買い物でもちょっとずつポイント還元されていくと、塵も積もれば山となる!だと思います。

決まった固定費があるなら(例えば毎朝のコンビニでのコーヒーなど)LINE Payでの支払いでポイントゲットしてください!

高還元率かつ決済の簡便さ、また豊富な支払い方法に、送金や割り勘も可能なLINE Payは、一番取り入れやすいQRコード決済サービスではないかと思います。

決済時は電子マネーほどの速さはありませんが、ショートカット化されたコードをスマホのホーム画面から読み込むだけなので、全く苦ではありませんでしたよ。

ここにボックスタイトルを入力

LINEを登録している

ポイント還元率重視

決済時の簡便さを求める方

送金や割り勘機能を使いたい

とりあえず試しにQRコード決済サービスを使ってみたい!という方は、LINE Payの登録が取り入れやすいです。

おしまい!

ホームパーティーに森山ナポリのピザ
【ホームパーティーにお勧め】森山ナポリの冷凍ピザがおいしい!森山ナポリの冷凍ピザは宅配ピザよりもおいしい!子育て中のママさんにおすすめの森山ナポリピザをご紹介します。お家にいながら、お店のようなアツアツ、モチモチのピザが食べられますよ!森山ナポリのピザでホームパーティーのレベルがぐっと上がること間違いなし!...



ABOUT ME
リベコ
初めまして、リベコです☆ 一歳の娘と暮らす30代のワーママです。福岡より育児中の暮らしに役立つ情報をお届けできればと思います。 ツイッターもよろしくお願いします♡